スポンサードリンク
kido.jpg

2008年11月14日

明るく前向きな心が生命力アップ

→ 戻る
→ 健康 >> 体の健康
      >> 心の健康 >> 心の健康のサイトマップ



何故、明るく前向きな心が生命力を高めるのか?

気力、体力、知力 は私達の生命の力です。

いつも明るく元気、前向きな気持


 いつも明るく元気、前向きな気持ちでいると
  潜在意識が良い方に働きます。
  潜在意識が良い方に働けば
   自然治癒力も高まります。

1.自律神経


 私達の生命の力を生み出すエネルギーの元は内臓です。
  内臓は自律神経によってコントロールされています。

  詳細を読む → 自立神経の役割

2.血流


 私達の脳がリラックスしてくつろいで安定すると
  自立神経が整い、血液の循環も大変良くなります。
   これにより自然治癒力が増すものと考えられます。

 血液が元気は体の健康の基本です。
  ご参考 → 血液が元気



自律神経を乱すマイナス思考



マイナス思考って? 
 例えば
 ・取り越し苦労、
 ・すぐカッとなる

 ・神経質でナイーブな心、

 ・他人の一寸した言動が気に障りムカつく

 ・物事を悪い方へ悪い方へと考える

 ・悲観的ですぐ落ち込む

 ・いつまでもクヨクヨクヨクヨ、スカッと割り切れない。
これらをひっくるめここでは
 マイナス思考と呼ぶ事にしましょう。

「何をどう考えよう、どんな気持ちをもとうと
 本人の自由さ・・・・・」
  と思われてきました。ところが
 マイナス思考は自律神経を乱し 体の自然治癒能力を低下させる事が分かってきました。

それによって血行も悪くなりますので
 ・病気やガンにかかりやすくなる事

 ・美容や若さが損なわれます。

 ・抜け毛や肌荒れ、胃潰瘍の原因にもなります。


人は誰でも迷うもの、
 不安になるもの、
  取越し苦労をするものです。

・マイナスの観念にとらわれえたり

・「やっぱり駄目なんじゃないか」と
  迷いにとらわれてしまうものです。

例えば
 不況で収入ダウン、美味しい飲み食いができなくなれば
 気分が落ち込みます。

でも物事は良い方へ良い方へと考えましょう。
この機会をダイエット月間と捉え
 粗食に慣れ、飲酒も程ほどにしましょう。
  粗食の中にも意外に美味しい物に出会える事がありますし
 酒量を減らすと胃腸や肝臓が元気に蘇る実感が得られます。


皆さん、マイナス思考を改め、
 明るく元気な心を持つようにしましょう。
  その方がガンや病気になりにくく、
   若さと健康でいられます。





posted by 花翠 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132934624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。